MENU

 34歳で介護職をしています。私が薄毛に気がついたのは、高校生の時でした。分け目が人よりも目立つのではないかと思ったのがきっかけですが、当時は薄毛といったら男性のイメージが強くて、女の私にはあまり関係ないと思っていたのです。

 

 しかし、年齢を重ねる度に薄毛が目立ち始めて、23歳頃にこのままではいけないと思ったのです。薄毛の改善方法を調べていくと、シャンプーなどによるダメージが原因となっていることがあるということを知りました。シャンプーなどには頭皮によくない成分がたくさん入っているのでシャンプーのしすぎはよくないことを知ったのです。

 

 そのため、私はこれまで使っていたシャンプーを無添加シャンプーに変えてみることにしたのです。無添加シャンプーは使い始めはゴワゴワした感触がすると聞いていたのですが、薄毛が改善するならと思い、取り入れてみたのです。しかし、一回目挑戦したときにくしも通らないほど手触りが悪くなり、髪の毛が広がったため、結局数回利用しただけで止めてしまったのです。そのため、次に挑戦したヘアケアがお湯シャンプーです。

 

 頭皮の汚れはお湯だけで落とすことが可能であり、無駄な成分を取り込まないので、薄毛が改善できると聞いて試してみることにしました。やり方は40度位のシャワーで頭皮から毛先にかけて洗い流すというものです。10分から15分かけて念入りに汚れを落として、後はタオルドライしたらドライヤーで頭皮をしっかりと乾かすといったヘアケアで、簡単ですし、シャンプー代がかからないので節約にも繋がります。しかも、無添加シャンプーを使ったときのようなゴワゴワ感がなかったので、続けることが出来ました。

 

 女ですので髪の毛が長い分、毛先は傷みやすくなるため、週に一度だけ毛先だけトリートメントをするようにして一ヶ月で、抜け毛が少なくなっていることに気がつきました。それまではシャワーの後は排水溝に抜け毛がたまっていたのですが、一ヶ月で目に見えて半減し、掃除をしているときも抜け毛が少ないように感じたのです。

 

 それから二年ほど経つと、髪の毛の分け目も目立たなくなり、行きつけの美容院でも最近髪の毛が元気だねと言われるようになったのです。頭皮は紫外線などで散々刺激を受けているので、それに加えてシャンプーなどで更に刺激を与えることで薄毛を引き起こしてたいたのだと思わされました。お湯だけで洗うお湯シャンプーは簡単に出来る薄毛対策のヘアケアとして、今も続けています。