MENU

 45歳の主婦で、パートをしています。薄毛に気付いたのは35歳の時でした。

 

 息子や娘が反抗期ということもあり、暴言を吐かれた際に黙れ、ハゲと言わけショックでした。その時に初めて、気づきました。

 

 そのときから年々、薄毛が酷くなっていき、気にし始めました。原因は生活習慣の乱れです。パートの職場での人間関係や息子、娘共に受験ということもあり、すごくストレスがたまり、毎日毎日、暴飲暴食をしてしまったり、過度な飲酒をしてしまったり、寝ることも出来ませんでした。

 

 逆に全く食べれなくなったときもありました。徹夜の日々が続くこともありました。頼りになる人もいなくて、1人で抱え込んでいました。それが一番の原因になってしまっていたと思います。

 

 生活習慣病にプラス、精神的にもおかしくなってしまいました。運動もほとんどと言っていいほどできていませんでした。職場まで10分くらい歩く程度でした。

 

 ストレスからの生活習慣病で、健康状態も悪くなり、太ったり痩せたりを繰り返していました。忙しさから髪を乾かすことも出来ず、髪の毛、頭皮のケアも出来ませんでした。後は、旦那がタバコを吸うので結果的に、受動喫煙での健康の悪さはありました。

 

 現在ストレスは減りましたが、生活習慣病はなかなか治らず、薄毛もなかなか治りません。生活習慣病でなってしまった薄毛は治すのがなかなか難しくて、治りません。歳もいっているということもあり、治療は難しくて、次はプラス加齢の薄毛もでてきました。

 

 頭のてっぺんの方が薄くて後はそこまで薄くはありません。生えている髪の毛はしっかりと伸びます。ですが、伸びている髪の毛の質もわるいので凄く跳ねてしまいます。治療法は無いのでもう諦めていますが、今では人間関係に悩んでいた仕事もやめ、子供も手が掛からなくなり、ストレスもだいぶ無くなってきたので、暴飲暴食など、生活習慣には気をつけて行こうと思っています。

 

 治療はあまり効かなくても、カツラや薄毛に見えない商品などもあるので使っています。それに、たよれゆ存在が出来たのも大きいです。生活習慣をサポートしてくれる人や心の内を話せる友人など凄く頼りになってよかったです。

 

 生活習慣病で薄毛になる方は、やはりストレスなどの原因を取り除くこと、誰でも良いので頼れる人がいることが1番大切なのかなと思います。早めに自分にあった治療を考えるのもいいと思います。早めに治療することで薄毛が少しでも収まると思います。