MENU

 元々の髪質が細いらしくて、初めて行く美容室ではほぼ言われます(褒める感じではなく、驚いた感じまたは少し悩む感じで)。

 

 自分では細いというより薄いと感じており、初めて自覚したのは高校生の時でした。部活動でビデオ撮影をしたら、私の髪の毛の分け目に照明が当たって禿げのように目立っていてすごくショックでした。

 

 当時は前髪を斜めにして同じサイドで分けていたので、それ以来分け目を毎日変えたり、前髪を短くして分け目をつくらないようにしたり、明るめのカラーをしたりといろいろ試してみました。

 

 その結果、ロングヘアにはしないのが一番地肌が目立たなかったような気がします。ロングだと髪の重みでトップがペタッとなってしまうので、ショートヘアかボブくらいだとセットがしやすくまだましに思えました。

 

 それでも客観的に撮影した時に薄いと感じることもあり、結婚前の職場で上からの防犯カメラをチェックすると髪型によっては一瞬禿げに見えていました。仕事をしている頃が一番薄毛に悩んでいたような気がします。

 

 女性専門の薄毛クリニックが生活圏にあるので、何度も相談に行こうかと思いましたが、料金的な不安と、やはり恥ずかしいという気持ちが大きくて行けませんでした。

 

 職場が接客業で肩より長いとアップにまとめる必要があり、そうするとどうしても地肌が目立つのでボブくらいの髪型にしていました。一本一本が細く少ないので、髪の毛をしっかり縛ると引っ張られて分け目、頭頂部、サイドの地肌が少し見えるのがすごく嫌でした。

 

 現在34歳になり、仕事を辞めて子育てに追われていますがそこまで薄毛を気にすることはなくなりました。おそらく上からの客観的な映像を見る機会が減り自覚しなくなった事と、他人も子供に意識が行き私の事はあまり見ていないと感じるようになったのがよかったのだと思います。

 

 それと出産後にホルモンの関係で髪の毛が抜けてしばらくしたらたくさん生えてきたのでそこでリセットされたのかな?とも思います。

 

 それでも外出する前は必ず洗面所の照明を全部つけて鏡で色んな方向からチェックして、分け目が目立つ時はコームで調整するか髪型を変えています。

 

 その他にしているのは夏場の外出は帽子をかぶって直射日光に当たらないようにする、シャンプー時は液を直接つけず泡立ててからつけて頭皮を動かすように洗う、ドライヤーは中途半端にかけずしっかり乾かす、トリートメントも整髪料も頭皮付近には絶対つけない、など髪に負担をかけないように気を付けています。

 

 子供が小さくて美容院になかなか行けず、最近はずっとロングですが以前より薄いと感じなくなったような気がします。たまに室内に防犯カメラのモニターがついたエレベーターに乗りますが、昔禿げに見えていたエレベーターに乗っても気にならなくなりました。