MENU

 私は、42歳の在宅ワーカーです。私の家系は更年期の症状が早く出やすい方なので、40歳を過ぎたあたりから覚悟はしていました。

 

 41歳になる少し前から、整理不順が始まり、日数も少なくなって来ました。変だなと思って来た頃、汗が滝のように流れる事が度々あり、ますます変に思ったのです。なぜなら私は昔からすごい冷え性で、汗をかく事なんてほとんどなかったのですから。あまり気になったので診察を受けた所、更年期だと診断されました。覚悟はしていましたが、やはりショックでした。

 

 そんなある日の事。更にショッキングな事があったのです。髪の毛をとかしていると、彼が怪訝な顔をして私を見ているのです。あまりジロジロと見るから気になっていると、どうやら頭頂部が薄くなっているそうなんです。あまりの事に、かなりうろたえました。と、言うのも。私は昔、ダイエットの影響から薄毛になった経験があり、髪にはかなり気を遣った生活をしていたのです。それなのに薄毛になるなんて、信じられませんでした。

 

 女性にとってやはり髪は命のように大切な存在です。その日から薄毛対策が始まりました。当初は以前のようにバランスの良い食事をすれば改善すると思っていたのですが、それでは駄目だったみたいで、あまり変化はありませんでした。そこで、いろいろと調べた所、髪の毛の成分はたんぱく質だと分かったので、毎食に肉か魚はもちろんの事、苦手な乳製品を必ず多めに摂るようにしました。

 

 出来るだけ豆腐や味噌などのイソフラボンを意識する生活にしました。エストロゲンを勧められてはいたのですが、症状も軽い方だったし、副作用も怖かったので、しばらくは大豆製品で補おうと思いました。そして、出来るだけストレスのない生活を心がけてみました。これが一番大変でした。汗をダラダラかいているだけでもかなりのストレスなのに、ストレスを減らすなんて不可能だと思いました。

 

 しかし、そんな食生活を半年ほど続けていたら、何と髪の毛が増えてきたのです。正確には、髪が太くなってきたのです。嬉しかったです。それからはますます食生活に気を遣い、運動と睡眠にも力を注ぎました。特にヨガをすると心の中がスッキリして、更年期の症状もあまり気にならなくなりました。

 

 一番大切な事は、健康的な食生活と睡眠、そして何よりもストレスを減らす事なんですよね。現在は髪の毛の量も以前と変わらなくなってきましたし、彼からも「増えて良かったね」と言ってもらいました。