MENU

 私は22歳の専業主婦をしています。もともと髪が細く絡まって抜けやすい髪の毛でした。あるときポニーテールをしようと鏡を使って後ろの髪の毛を確認したところ髪が薄くなっていることに気が付きました。

 

 まだ私は22歳で、オシャレやいろいろなへアレンジを楽しみたい年齢であるため、薄毛が分かったときはとてもショックでなかなか立ち直れませんでした。できるだけ外出するときは帽子で隠したり、髪の毛を束ねないようにして隠していました。薄毛の部分が首の近くが薄くなっていたため帽子などで隠すことができたので、まだマシなほうでした。ですが、夏場などの汗をかく時期になると髪を束ねたいのと汗をかくことで頭皮が蒸れるためとても不快でした。そのときはできるだけ低い位置で髪を一つに結び、大きめのシュシュや大きめの飾りがついたヘアゴムで薄毛を隠していました。

 

 これで薄毛を隠すことができるのは良いのですが、やはり様々なヘアアレンジを楽しみたくてたまりませんでした。そこで少しでも薄毛が治るように、今使っているシャンプーやトリートメントを弱酸性で低刺激のものを使用することにしました。今まで私が使用していたシャンプーは香り重視で選んでいたため、自分の髪には刺激がとても強すぎました。それに気づかず、長い期間そのシャンプーを使用していたことがきっかけで薄毛になっていっていました。

 

 低刺激のものに変えてから、薄毛も少しづつ減っていき、もともと抜けやすかった髪も抜ける量が減っていきました。低刺激なため香りもほとんど無香料ですが、そこは我慢しなければいけないポイントです。ですが、これで抜け毛や薄毛に悩まされることはないと思うととても嬉しかったです。

 

 それから髪に良い、ミネラルや鉄分をしっかり食事でとるようにしました。薄毛の件で食生活の改善も始め、できるだけストレスのない生活を心がけるようにしました。髪のためにこのような対策は今までしたことがありませんでした。やはり自分に合わないシャンプーはないと思わず、しっかりと自分に合ったシャンプーやヘアケアをすることが大切だということが良く分かりました。

 

 特に髪が細い方は薄毛になりやすく、髪も傷みやすいです。年齢問わず、年齢が若くても薄毛に悩まされることがあるとは思っていませんでしたし、まさか自分が薄毛に悩まされるとも思っていませんでした。これから年齢を重ねるにつれて老化が原因で薄毛に悩まされることもあり得ます。そのためにも今のうちから髪に良いものを、髪を大切にしていきたいと感じました。